フライトチケットをお得にするならANA株主優待券!上手な活用法を紹介!

- ANA株主優待券で上手な国内旅行プランを立てる

ANA株主優待券で上手な国内旅行プランを立てる

ANAの株主優待券を持っているとフライトのチケットは普通料金の半額で購入する事が出来ます。

という事で普通に購入する場合よりは特に値段が高いとされる時期(ゴールデンウィーク・お盆・年末年始など)に買えば約7千円は安くなるとされています。
その往復となるので約1万7000円国内旅行からの費用から浮くのでこれは嬉しいと思いませんか?
もし温泉地などへ旅行へ決めた場合でしたら約1万7000円もあればそれなりのよい宿の1泊分にはなるのではないでしょうか?
それかその土地の郷土料理であったり、懐石料理などを楽しみたいという事であれば良い食事をする事が出来るでしょう。
普段は高級とされている海鮮料理なども新鮮なまま味わう事が出来るので、たらば蟹であったり、伊勢海老なども楽しめますね。
お肉が好きな人でしたら神戸牛や松坂牛などの満足出来るくらいに食べる事が出来るかもしれませんね。
出来るだけ最近は食などに関しては高級志向になってきている人も増えていると思うので、高くてもいいので新鮮で良いものを食べたいと思っている人にはこの浮いた分で楽しめると思います。
ANAの株主優待券は時には譲ってもらえる事もあると思います。
それはもう有効期限が近づいてきてしまっている場合などに多いのですが自分が旅行する為にキープしておいたけれども仕事が忙しいままだったので国内旅行をする時間を取る事が出来なかったというようなケースもあるのです。
その場合は近々休暇を取っている人がいればその人へプレゼントする方法を取る人もいるので、時に株主優待券をただでゲット出来てしまう事もあるのです。
有効期限だけには気を付けて利用するようにしましょう。
5月31日と決まっているのでもし貰えない場合は金券ショップやネットオークションで探してみるという方法もあります。
期限が近いという事で通常で売られている値段よりははるかに値下げされているようで、お得に国内旅行をしたいと思う時はその時期を狙って、株主優待券買取ならACチケットでを安く購入する事が出来ます。
この場合でしたらゴールデンウィークは終わった後ですので往復で約1万7000円分が浮くというわけではないと思いますが、それでも普段よりは安く優待券を手に入れられているので、約4000〜5000円は片道でも安くなればラッキーですよね。
国内旅行をする時でも予算を立てるという事は非常に大事ですので、無駄使いは出来るだけなくして上手な旅行を出来ればよいと思います。
上手にする事が出来れば年間で行ける回数も増えると思うので、人生を楽しむ事にも繋げる事が出来るので、ぜひ優待券を利用してみてはいかがでしょうか?


新着情報

◆2014/06/30
ANA株主優待券で上手な国内旅行プランを立てるの情報を更新しました。
◆2014/06/20
記念のお手伝い、航空券のギフトカードの情報を更新しました。
◆2014/06/20
高級な買い物が楽しめる全国百貨店商品券の情報を更新しました。
◆2014/06/20
近畿日本ツーリストのこだわり旅行ツアーの情報を更新しました。
◆2014/06/20
コストが人気の青春18切符の情報を更新しました。